2018/02/19 13:14

始まりはひょんなことから。

群馬のマニアックな美容室が造っているシャンプーが、OEMで小ロットで造れますよーと、サンプルをいただいたことがきっかけ。
名前とか香料差し替えだけのOEMなんて全然興味なかったし、むしろそんなのダサいじゃんぐらいにしか思っていなかった美容室のOEM企画。大した期待もなく、なんとなく使ってみたその製品にびっくり。
今までに触った中で、群を抜いて素晴らしい使用感だったのです。

サロンでは長年、いろんな大手メーカーのヘアケア製品を触ってきましたが、ここまで差が感じられることは今までになく、衝撃を受けたのを覚えています。

『負けず嫌い』×『楽観的』の行動力は凄まじく、すぐにオリジナルシャンプーを造ることを決意しました。


どうしたらシャンプーを造ることができるのか。
そもそも何も知らないわけで、とりあえず「シャンプー」「オリジナル」とかでググってみるわけです。
ほいで上から順番に電話していく。
普通、小さな美容室がシャンプー造りたいなんて話を、製造元は真面目に聴いてられるわけもなく、
(美容室からしてみれば大変な在庫だが、製造元からしてみれば何もオイシクない小さな話)
化粧品メーカーでなく、美容室と聞いた時点で断られることがほとんどだった。
何社に電話したろうか、やっとのことで今回の製造元に出会い、シャンプーの製造を引き受けていただけることになった。

ではどんなシャンプーを造ろうか。漠然と「良いシャンプー」言ったって、髪質によって仕上がりも変わるし、好みだって違う。

でも自信だけはあった。13年、美容師としてたくさんのシャンプーを使い、たくさんのお客様の髪を洗ってきた。
普通はキャリアを重ねるにつれシャンプーに入らなくなる美容師が多いけど、店の形態や個人的なこだわりもありここ数年もかなりのお客様のシャンプーをしている。

「良いシャンプー」は僕の手が一番わかってる。

手先の感覚を頼りにサンプリングがスタートした。



一回のサンプルでシャンプーとトリートメントを2、3種ずつ。
小ボトルだと使用量が特定できないので、3ccのボトルに充填し直してテストを重ねる。
これは思い出すとキツイ(笑)製造元との感覚の食い違いだったり、思った方向にうまく進まなかったり。
フィードバックののち、次のサンプルが届くのは3週間後ぐらい。そもそも自分自身何が正解なのかわからなくなったり。

3歩進んで2歩下がるとはまさにこういうことをいうのだろうな。。



当初完成まで半年ほどの目処だったのが、あっという間に一年が経った。。。。

J/staの製造元には話していないが、実はその頃他の製造元もたくさん探した。
製造元により、得意な技術や雰囲気が違うようで、他で造る方が良いのではないかと。一時期は4つの製造元からサンプリングしてもらって。次から次へと上がってくるサンプルに頭の中は大混乱した。自分で自分を締めた。

しかしたくさんの工場でサンプルしてもらって、ふわふわしていたテーマがはっきりしたと思う。
『補修力の追求』だ。

手先が良いと感じるものも、やはり補修成分をふんだんに使ったものだった。


洗い時、すすぎ時、ドライ時、仕上がり。


滑らかで、しっとりと、何度も触りたくなる髪。やはり原点はそこだった。





業界でも評判の良い工場にサンプリングを依頼していただけに、テーマがはっきりすれば気持ちの整理は早かった。
第一弾はここだと。いよいよ最終調整に。






「洗い」と「補修」と「保湿」と。

洗いながら補修する。限界に挑戦した商品が完成しました。

これだけテスト重ねて、
紆余曲折して、
大変な借り入れもして(笑)、

可愛くないわけがない!!

我が子のように、親バカですが、


この世に右にでるもののないシャンプーだと心の底から思っています。

どうかうちの子達をよろしくお願いいたします!!